スポンサード リンク

和田秀樹の受験の方程式>>>>>>>>>

公立高校合格のための勉強法マニュアル作文面接対策付き高校受験合格勉強法

 

高校面接の高校入試安心講座

高校面接の高校入試安心講座

高校面接は高校入試が専願(推薦)と併願(一般)で面接の違いがあります。

高校入試の専願(推薦)と併願(一般)面接の違い


高校入試での面接時間は、専願(推薦)は長く、併願(一般)は短いのが一般的です。併願(一般)では、1時間以上も待たされて面接2〜3分という学校もあります。
毎年の質問内容が決まっている場合が多いようです。

事前アンケート


面接をはじめる前にアンケート記入を指示する学校が最近はあります。
高校面接では、そのアンケート結果を見ながら質問してきますので、自分の書いたアンケート内容の質問に対する答えを用意しておきましょう。
また、アンケートの最後に塾名を記入させる高校が多いので注意しましょう。

質問の答えをあらかじめ用意


高校面接は質問に対し応答を考えておくのとおかないのとでは、実際に面接に臨んだ時の心の余裕が違います。
質問されるであろう答えに対して、どんな答えを用意してきたか答えるのだと考えると良いでしょう。

併願(一般)の面接はそう多くは聞かれません。
高校入試での高校面接でよく聞かれる質問の例を参考にして答えを用意しておきましょう。
学校別過去問題集に高校面接の質問内容が掲載されているときは、実際にその学校にアンケート調査をおこなって書かれたものですから、それを参考にして答えを用意しておくと参考になります。

面接で落とされることは?


面接で落とされる人はそう多くはありませんが、落とされることもあります。
しかし、筆記試験で合格点内にいなければ、面接が幾ら上手くいっても合格にはなりせん。
高校面接では併願(一般)で受ける人は、第1志望の高校を聞かれることが多いです。
その場合も正直に答えましょう。
「なぜうちの学校は第2志望なんですか?」という質問はまずありません。
もし第一志望の高校が不合格だったら入りたいという気持ちを示して誠実な態度で臨めば問題はありません。




koumen at 10:26│clip!高校面接安心講座